ささやかな葬儀|最期の時を信頼のおける人と過ごす

花と線香

心がこもっている

ロウソク

専門業者に遺品整理を依頼する時は、心のこもった対応をしてくれる業者に依頼しましょう。宝塚の遺品整理サービスは、プロの資格者が迅速丁寧な対応をしてくれて、臭いや害虫対策もしてくれます。遺品の探索も念入りに行い、大型家具の搬出も行ってくれます。

もっと読む

よりよいお別れのために

墓地

葬儀は残された人にとって故人の死という社会的にも心理的にも大きなダメージを受け止めて前を向くために行うという意義があります。大勢の参列者に来てもらう一般葬は多くの人と悲しみを分かち合うことができますが、家族の負担は大きいかもしれません。

もっと読む

その家に合わせて選びます

箱を持つ人

仏壇は仏式の祭壇です。仏式以外の場合は、祭壇が異なるので、注意が必要です。最近の仏壇は大型のものだけではなく、小型のものや洋風のものなど、さまざまなものが出ています。住宅事情に合わせて購入することができます。

もっと読む

家族葬というスタイル

葬儀

実際に行う場合

最近の葬儀は、家族葬のように小規模なスタイルが主流になりつつあります。家族葬とは、家族や故人の生前親しかったごく限られた友人だけを招いて、ささやかに弔う葬儀のことです。実際に家族葬にしたい場合は、いくつかのことに気を付けなくてはいけません。まず参列者の人数ですが、50人を超えると一般葬にした方がいい場合が多いです。次に訃報や近所の人への対応です。故人と近い肉親である兄弟や姉妹には訃報を伝えた方がいいでしょう。伝えない場合は、葬儀のあとで挨拶状を送ります。もし葬儀を行っていることを近所の人が知った場合は、きちんと説明をします。もし、故人がなくなったことを知られたくない事情があるならそのことも言っておきましょう。

時代のニーズに合っている

家族葬のような小規模な葬儀が広まった背景には、時代の変化があります。昔は大勢の人が葬儀に参加することが当たり前でした。しかし、今は高齢者の方も、多くの人と友人付き合いをしない傾向が見られるのです。本人が家族葬を希望するケースも増えています。自分のことで経済的にも精神的にも負担をかけたくないというものや、派手な葬儀よりも静かに見送ってほしいなどが理由です。調査でも、多くの人に自分の葬儀に参加して欲しいという人の割合よりも、家族やごく親しい間柄の人だけでいい、という割合の方が高い結果が出ています。他のメリットとして、故人と落ち着いてゆっくり別れることができるので、気持ちの区切りをつけやすいという点もあります。

Copyright © 2016 ささやかな葬儀|最期の時を信頼のおける人と過ごす All Rights Reserved.